アフリカ生活 ジェンダー モザンビーク

「マンホール」という言葉が消える前に、町中のマンホールが消えた

f:id:yachiro:20190926051145j:plain

falcoによるPixabayからの画像)

 

こんにちは。

先日、面白い記事を見つけました。

www.afpbb.com

 

アメリカのカリフォルニア州バークレーの市議会で、「マンホール(manhole)」のような、性別を含む単語の変更条例が可決。

これからは、「メンテナンスホール」と呼ぶようです。

 

世界の潮流がジェンダー配慮に動く現在、いずれ日本でも「マンホール」という言葉は消えてなくなるのかもしれません。

 

さて、そのマンホールにまつわる、私の住む街でのお話。

 

数ヶ月前から、町中のマンホールが無くなりました。

アメリカでは「マンホール」という言葉が無くなり、モザンビークでは「マンホール」自体が無くなりました。

無くなるのは言葉だけで十分、泥棒に会ったら伝えておきます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やんび〜

青年海外協力隊→開発コンサルタント→有限会社Moringa Mozambique代表取締役。アフリカのモザンビークで起業した、やんびーのブログ『やんぶろ』です。 ポルトガル語の学習法や、海外生活、起業、時々読書や将棋のことなどを書いていきます。

-アフリカ生活, ジェンダー, モザンビーク

© 2022 Powered by AFFINGER5